Sponsored links

Amazon Fire Phone に Google Play Store をインストールする

Amazon Firephone を 購入したので、Google Play Store をインストールすることができると言うことでXDA に情報が記載されていたので、やってみた。これができれば、android OS で利用している アプリ を インストール することができるので、私のような アンドロイドユーザー にとっては大変助かります。root権限は不要とのことなので、まずは導入からやってみた。 root権限は不要ですが、導入される際は自己責任でお願いします。 googleplay

Firephone単体で導入可能

手順は非常に簡単、ファイルをXDAからダウンロードしてきてインストールする方法で端末単体で導入が可能でした。
  1. まずは、amazon App Store から ES File explore をインストールしておく。
  2. Firephone の webブラウザデフォルトアプリ「Silk ブラウザ」を起動
  3. XDAのスレッドにアクセスして以下をダウンロードする。
    • Google Account Manager_4.0.3-239410
    • Google Play Store_4.6.17
    • Google Play services_4.4.52(1174655-036)
    • Google Services Framework 4.0.4-338691
  4. ダウンロードした4つのファイルの名を.zip から .apk に変更
  5. settings アプリを起動して Applications & Parental controls → Turn off product recommendations → App installation を on にする → warning “OK”
  6. .zip から .apk に変更した4files を全てインストールする
以上ですが、同XDAでは、導入方法をyoutubeでもご案内しています。一連の流れが掴めますので、一度ご視聴のうえ導入を検討してみてはいかがでしょう。 googleplay_firephone

スペックが高いのでさくさく動作

Amazonが少し気合いを入れて作ったデバイスですので、基本スペックは満足できるスペックです。CPUは最大で2.2GHZ メモリは 2GB となっている。
Amazon Firephone
OS Amazon Fire OS v3.6.5(android base os 4.2 JB)
Memory(RAM) 2 GB
Storage(ROM) 32 GB
CPU 2.2 GHz Qualcomm® Qualcomm Snapdragon 800 Quad-core
GPU Adreno 330 with 440 MHz
DisplaySize 4.7″ 720 x 1280 Corning Gorilla Glass 3 (画面/背面)
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band
Bluetooth v3.0
NFC
Front Camera 2.1 MP
Back 13 MP
Battery 2400 mAh
Size 139.2 x 66.5 x 8.9 mm
Weight 160 g
バッテリーも 2400mAh と比較的電池の持ちもよさそう。

ベンチマーク

antutu ベンチをインストールして、テストしてみると “42815” とぼちぼちな数値をたたき出してくれています。スマホを使用して何をするかにもよりますが、これだけの基本スペックであれば、ほぼほぼ色々な物がさくさく動いてくれるのではないでしょうか? firephone_bent

LTE 対応 SIM フリー

SIM フリー 端末なので、通話や3G LTE モバイルネットワーク通信が出来るようになっており。対応する周波数も下記となり、多くのキャリアのネットワーク周波数を利用して通信できるようになっている。
  • 3G HSDPA 850 / 900 / 1700 / 1900 / 2100
  • LTE 700/800/850/900/1700/1800/1900/2100/2600 (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 17, 20)
LTE 対応デバイスで、現在 SB 様のLTEを受信している模様。ネットワーク速度もそれなりの速度。 firephone_lte firephone_lte_speed ダウンロード:56.16Mbps アップロード:6.72Mbps 速度に関しては、各地域、時間などによって異なりますので、上記数値はLTEで通信できているという程度のご認識でお願いします。

今のところ問題なく動作している

そもそもこの、Firephone が搭載している Fire OS は Android base(OS 4.2 jB)で作られた OS のようですので、googleストアからインストールしたアプリも問題なく動作するとのこと。 色々アプリをインストールして試してみたいと思います。

使ってみて、、日本語での操作ができない

Firephone を使用してみて、言語選択で”日本語”の表示がなかったので、日本語に対応していない模様。少々面倒な状態です。せっかくGoogle play をインストールできたのですが、インストールする全てのアプリが英語での表記となっている。日本語入力はできるので、後はアプリ側が日本語に対応さえすれば、日本での使用はほぼ問題なくできる。 この対策方法は後日、記事にします。 記事にしたのでご参考まで Amazon Fire Phone 日本語に対応させてみる 2015/03/27追記 Google Play をインストールすると、Amazon アプリストアにログインができなくなる問題があります。解決方法は、amazonアプリストア アプリのデータをクリアーしてあげると、ログインができるようになります。手順は、Settings アプリを起動させて、”Applications & Parental Controls” をタップして、”Manage applications”をタップ 画面上部の Filter by の下にあるオレンジの文字をタップして”All”に変更。その下に表示されているアプリ一覧の中から、”Apps” というアプリを探し出してから、選択し、”Clear Data” をタップして”OK”をすると、問題なくAmazon アプリストア にログインできるようになります。
Pocket
LINEで送る

Sponsored links

4 thoughts on “Amazon Fire Phone に Google Play Store をインストールする

  1. はじめまして。現在、滞米中で、Fire Phone を使っています。Google Maps や、Google の地図を利用するアプリがフォントのレンダリングの不具合で使い物にならないこと以外は、とても満足しています。一つ、基本的なことを質問させてください。Fire Phone は GSM だけで CDMA には対応していないため、日本では全く使えないものと思っていたのですが、使える(データ端末としても、電話としても)ということなのでしょうか? LTE の届くところなら使える、ということでしょうか?

    • はじめまして、Google Map は まだインストールしていなかったので情報有り難うございます。確かにフォント表示がおかしくなってしまっていますね、、これでは、、ですね。契約されている SIM にもよるかとは思いますが、AT&T などの 3G HSPA 850 の電波は拾うはずですが?どうでしょう?T-mobileだとGSMのみかもしれません。
      ■AU

      • 通話
        おっしゃるとおり Fire phone は CDMA には対応していないですので AU SIM では通話できないです(firephone が VoLTE に対応していれば通話はできますが残念ながら対応していないので通話不可です。)
      • データ通信
        LTE Band 1 に対応しているのでデータ通信はできるかもしれません、、、動作未確認ですので不明です。

      ■SoftBankMobile/DoCoMo

      • 通話
        Fire phone を使用して通話可能な日本国内キャリアは、 W-CDMA(HSPA) 2100/900 の周波帯域を利用している SBM と W-CDMA(HSPA) 2100 の周波数帯域を利用している DCM となります。W-CDMA 周波数帯域についてはこちらをご確認されるとよいかもしれません。
      • データ通信
        W-CDMA(HSPA)=3G 2100/900 でも通信できますし、LTE band 1 に対応しているので、LTE でもデータ通信可能です。
      • 詳しいご説明ありがとうございました。CDMA と W-CDMA は別物なんですね。すみません、無知で。

        今、AT&Tを使っていますが、どんな電波を使っているか、これまで、あまり気にしていませんでした。これからは、ちょくちょく見てみます。

        日本から持ってきた機種は日本ではLTEで接続できていたのですが、こちらではT-MobileではE(DGE)、AT&TではH(SPA+かな?)での接続しかできませんでした。店の人には、回線業者が端末のIMEIをLTE対応だと認識していないからだろうとか、周波数帯が違うのだろうとか言われました。で、LTEの電波を拾えないからだと思うのですが、信じられないくらい電池の消耗が激しくて使い物にならず、キャンペーン中だったFire Phoneを購入しました。Fire Phone は丸一日以上、電池がもつので、とてもうれしいです。

        • とんでもないです。
          アメリカの LTE 周波数は、Band 4 のようですので、ガラパゴス化されたJ端末では電波を掴めない可能性があるかもしれませんね。常に LTE の電波を探し回っている状態でしょうから、確かに電池の消耗は激しそうですね。もし 3G のだけの通信の設定ができる端末であれば電池の消耗は抑えられるかもしれませんね。
          私も 最近の Fire Sale (^_^) で購入しました。このスペックが、その値段で買えるのかと思った瞬間、勝手にマウスがポチッとしてました。
          画面の綺麗さや、本体背面も Gorilla Glass 3 を使用している点、電池の持ちもよいし、LTE 通信できる、わたしも大変満足しています。

Leave a Comment