Sponsored links

Moto E 2nd Gen LTE XT1524 が届いた

Moto E 2nd Gen LTE が届いたので開けてみます。箱には、”XT1524 Moto E (2nd) with 4G LTE”と表記がありました。 moto_e_2nd_LTE_Box

簡単レビュー

箱から本体を取り出して、早速 SIM を挿してみる。まず 対応する SIM サイズ MicroSIM 最近は NanoSIM が多く出回ってきているので、NanoSIM を利用している場合は、MicroSIM → NanoSIM アダプタが必要となります。 SIM の挿入場所は、端末の回りを保護している、”Motorola Band” といわれる物を外して取り付けを行う。”Motorola Band” の外し方は、取扱説明書に図解されている。1mm程度の隙間の部分に爪を入れ込んで、背面側に持ち上げると外れるようになっている。 motorola_band 爪を入れて持ち上げる部分は、画面を上にしてUSB ポートが下にある状態で持った場合は、画面左下あたりにあるが、小さくて分かりづらい。が一度覚えると、それほど気にならない。 motorola_band1 ↑画面をしたにした場合はここになります。 “Motorola Band” を持ち上げると、SIM card と Micro SDcard のスロットがある。左側が SIM card スロット 右側が Micro SDcard スロット。 motorola_band2 取扱説明書には、SIMカード/Sdcard の挿入方法は、M マークが見える状態で、金色の金具を上にして、挿入するようにとのこと。 moto_e_LTE_sim_card

筐体

背面側は弧を描くデザインなので、手になじむホールド感があります。同じ Motorola 製の国内でも人気のある、Nexus6 と同様なデザインなので、Nexus6 のサイズを一回り小さくした物と思ってもらえると、分かりやすいかもしれません。 ミドルスペックの低価格スマホで人気が出た Moto G 1st を所有しているのですが、サイズは moto G 1st とそれほどかわらない。Moto G 1st よりもバッテリー容量が多いからか、少し厚みが増しているという程度。 背面は、マット超のの素材で、油分が就いた手指で触ると、その触った部分の色が濃くなる、、。 moto_e_2nd_LTE_moto_G_1st

その他

解像度

解像度は 540×960 と少し低いが Chrome で WEB 閲覧をするにしても、私はあまり気にならない。

バイブレーション

バイブレーションは、先日購入した、Amazoe firephone の上品な感じとは全く違い、moto e LTE は廉価版ということもあり、安っぽい感じだ。

ベンチマーク

Antutuでベンチマークテストを行ってみた。スコアは 22155。先日、ベンチマークテストをしてみた、Amazon Fire phone に比べると倍近く差が出ている。Firephone と比べるべきではないですね。 moto_e_2nd_LTE_bench CPU など、特に特質したものはないが。普通にWeb閲覧やメールを送ったりすることについては、全く問題なく使用できる。廉価版(格安スマホ)なので当然のベンチ結果と言えます。使用用途にもよりますが、私の使用する用途では、特に問題なく使用できる。

ネットワーク

今回わたしが発売と同時に即購入に走った理由は、対応するネットワークに興味をもったからで、低価格ながらも LTE に対応しており ,さらには LTE Band 1/3 に対応していることでした。LTE 対応してはいるが、その周波数が 各キャリアが使用している周波数帯域と一致していないと、LTE 通信が出来ないわけですが、LTE Band 01/03/07/20 ,WCDMA 2100/900 と 某キャリア様に対応していると、言うことで通信テストも行ってみた。
  • SBM 様 LTE 可
  • Moto_e_2nd_LTE_SB 速度 Moto_e_2nd_LTE_SB_speed
  • DCM 様 LTE 可 Moto_e_2nd_LTE_DCM1 速度 Moto_e_2nd_LTE_DCM
と予想通り LTE ネットワーク の対応する周波数が 国内バンド に対応していた。

WCDMA

少し難しい話になりますが、WCDMA については、HSDPA 900 2100 とのことでしたので、NV 1877行目を確認しmzTool_1.2.1aで確認すると以下のようになった。
1877行目 Hex
2000000680180
[Bit_07] GSM DCS 1800 band [Bit_08] GSM Extended GSM (E-GSM) band [Bit_19] GSM 850 band [Bit_21] GSM PCS 1900 band [Bit_22] WCDMA Band I – EUROPE JAPAN & CHINA IMT 2100 band [Bit_49] WCDMA Band VIII – EUROPE & JAPAN 900 band
仕様通りということになる。北米版の moto e LTE は、850 / 1700(AWS) / 1900 MHz とトライバンド に対応しているので、もしかするとと淡い期待を抱いたのだが、2100 / 900 デュアルバンドのようです。 NV を変更してどうなるかは、いずれやってみたいと思う。

OSは最新のLollipop!

やはり、最新OS Lollipop 5.0.2 が搭載されていると言うことが一番のおすすめポイントでしょう。Motorola は、Moto G など 今までの アップデート 状況を見る限りでは、非常に積極的且つ迅速に、最新へのアップデートを行っているメーカーといえます。最新のOSをいち早く触ってみたいかたや、低価格でLTE 端末を探している方にはお勧めの一品ですね。 個人輸入となりますが、 Amazon UK →2015/08/22現在購入不可 /Amazon DE から購入ができます。 とりあえず今日はここまで明日追記します。 Build.prop
# begin build properties
# autogenerated by buildinfo.sh
ro.build.id=LXI22.50-24.1
ro.build.display.id=LXI22.50-24.1
ro.build.version.incremental=1
ro.build.version.sdk=21
ro.build.version.codename=REL
ro.build.version.all_codenames=REL
ro.build.version.release=5.0.2
ro.build.date=Sat Feb  7 11:43:43 CST 2015
ro.build.date.utc=1423331023
ro.build.type=user
ro.build.user=hudsoncm
ro.build.host=ilclbld36
ro.build.tags=release-keys
ro.product.model=MotoE2(4G-LTE)
ro.product.brand=motorola
ro.product.name=surnia_retgb
ro.product.device=surnia_umts
ro.product.board=msm8916
# ro.product.cpu.abi and ro.product.cpu.abi2 are obsolete,
# use ro.product.cpu.abilist instead.
ro.product.cpu.abi=armeabi-v7a
ro.product.cpu.abi2=armeabi
ro.product.cpu.abilist=armeabi-v7a,armeabi
ro.product.cpu.abilist32=armeabi-v7a,armeabi
ro.product.cpu.abilist64=
ro.product.manufacturer=motorola
ro.wifi.channels=
ro.board.platform=msm8916
# ro.build.product is obsolete; use ro.product.device
ro.build.product=surnia_umts
# Do not try to parse description, fingerprint, or thumbprint
ro.build.description=surnia_retgb-user 5.0.2 LXI22.50-24.1 1 release-keys
ro.build.fingerprint=motorola/surnia_retgb/surnia_umts:5.0.2/LXI22.50-24.1/1:user/release-keys
ro.build.characteristics=default
# end build properties
#
# from device/qcom/msm8916_32/system.prop
#
#
# system.prop for msm8916
#

#rild.libpath=/system/lib/libreference-ril.so
rild.libpath=/system/vendor/lib/libril-qc-qmi-1.so
rild.libargs=-d /dev/smd0
persist.rild.nitz_plmn=
persist.rild.nitz_long_ons_0=
persist.rild.nitz_long_ons_1=
persist.rild.nitz_long_ons_2=
persist.rild.nitz_long_ons_3=
persist.rild.nitz_short_ons_0=
persist.rild.nitz_short_ons_1=
persist.rild.nitz_short_ons_2=
persist.rild.nitz_short_ons_3=
persist.radio.rat_on=combine
ril.subscription.types=NV,RUIM
DEVICE_PROVISIONED=1
# Start in cdma mode
# Motorola set later
#ro.telephony.default_network=5

debug.sf.hw=1
debug.egl.hw=1
persist.hwc.mdpcomp.enable=true
debug.mdpcomp.logs=0
dev.pm.dyn_samplingrate=1
persist.demo.hdmirotationlock=false
debug.enable.sglscale=1

#ro.hdmi.enable=true
#tunnel.decode=true
#tunnel.audiovideo.decode=true
#lpa.decode=false
#lpa.use-stagefright=true
#persist.speaker.prot.enable=false

#
# system props for the cne module
#
persist.cne.feature=0


#
# system props for the iwlan module
#
persist.data.iwlan.enable=false

#system props for the MM modules
media.stagefright.enable-player=true
media.stagefright.enable-http=true
media.stagefright.enable-aac=true
media.stagefright.enable-qcp=true
media.stagefright.enable-fma2dp=true
media.stagefright.enable-scan=true
media.swhevccodectype=0
mmp.enable.3g2=true
media.aac_51_output_enabled=true
#codecs: DivX DivXHD AVI AC3 ASF AAC QCP DTS 3G2 MP2TS
mm.enable.qcom_parser=3183219

# Default to AwesomePlayer
media.stagefright.use-awesome=true

#
# system props for the data modules
#
ro.use_data_netmgrd=true
persist.data.netmgrd.qos.enable=true

#system props for time-services
persist.timed.enable=true

#
# system prop for opengles version
#
# 196608 is decimal for 0x30000 to report version 3
ro.opengles.version=196608

# System property for cabl
ro.qualcomm.cabl=0

#
# System props for telephony
# System prop to turn on CdmaLTEPhone always
# Motorola default to 0
telephony.lteOnCdmaDevice=0
#
# System props for bluetooh
# System prop to turn on hfp client
bluetooth.hfp.client=1

#Simulate sdcard on /data/media
#
persist.fuse_sdcard=true

#
#snapdragon value add features
#
ro.qc.sdk.audio.ssr=false
##fluencetype can be "fluence" or "fluencepro" or "none"
ro.qc.sdk.audio.fluencetype=none
persist.audio.fluence.voicecall=true
persist.audio.fluence.voicerec=false
persist.audio.fluence.speaker=true
ro.config.vc_call_vol_steps=7
# FM maximum volume be between 0 and 8192 (0dB)
ro.audio.fm_max_volume=5169
# Tone generator maximum volume be between 0 and 100 (0dB)
ro.audio.ringbeep_volume=73
#Buffer size in kbytes for compress offload playback
audio.offload.buffer.size.kb=240
#Minimum duration for offload playback in secs
audio.offload.min.duration.secs=30
# Motorola enable offload audio playback
audio.offload.disable=0
#Enable offload audio video playback by default
av.offload.enable=false
#enable voice path for PCM VoIP by default
use.voice.path.for.pcm.voip=true
#
#System property for FM transmitter
#
ro.fm.transmitter=false
#enable dsp gapless mode by default
audio.offload.gapless.enabled=true

#Audio voice concurrency related flags
voice.playback.conc.disabled=true
voice.record.conc.disabled=true
voice.voip.conc.disabled=true

#property to enable user to access Google WFD settings
persist.debug.wfd.enable=0
#propery to enable VDS WFD solution
persist.hwc.enable_vds=0

#selects CoreSight configuration to enable
persist.debug.coresight.config=stm-events

#property to enable narrow search range for video encoding
vidc.enc.narrow.searchrange=1

#property to enable DS2 dap
audio.dolby.ds2.enabled=true

#
# ADDITIONAL_BUILD_PROPERTIES
#
ro.build.version.full=Blur_Version.22.36.1.surnia_retgb.retgball.en.GB
ro.mot.build.customerid=retgball
ro.mot.build.version.sdk_int=22
ro.product.display=Moto E
ro.persist.qcapb=0
ro.build.version.qcom=AU_LINUX_ANDROID_LA.BR.1.1.2_RB1.05.00.00.031.006
ro.telephony.default_network=9
telephony.lteOnCdmaDevice=0
persist.mot.gps.assisted=false
persist.radio.plmn_name_cmp=1
persist.radio.process_sups_ind=0
ro.gsm.data_retry_config=default_randomization=2000,max_retries=infinite,1000,1000,80000,125000,485000,905000
ro.product.locale.language=en
ro.product.locale.region=GB
ro.com.android.dataroaming=false
ro.media.enc.aud.fileformat=amr
ro.media.enc.aud.codec=amrnb
ro.config.ringtone=Moto.ogg
ro.config.notification_sound=Moto.ogg
ro.config.alarm_alert=Oxygen.ogg
ro.vendor.extension_library=libqti-perfd-client.so
persist.radio.apm_sim_not_pwdn=1
dalvik.vm.heapsize=128m
ro.MAX_HIDDEN_APPS=12
dalvik.vm.heapstartsize=8m
dalvik.vm.heapgrowthlimit=96m
dalvik.vm.heaptargetutilization=0.75
dalvik.vm.heapminfree=2m
dalvik.vm.heapmaxfree=8m
ro.usb.mtp=2e82
ro.usb.mtp_adb=2e76
ro.usb.ptp=2e83
ro.usb.ptp_adb=2e84
ro.usb.bpt=2ec1
ro.usb.bpt_adb=2ec5
ro.usb.bpteth=2ec3
ro.usb.bpteth_adb=2ec6
ro.bug2go.magickeys=24,26
persist.sys.ssr.restart_level=ALL_ENABLE
persist.sys.qc.sub.rdump.on=1
persist.data.qmi.adb_logmask=0
persist.sys.qc.sub.rdump.max=3
persist.radio.no_wait_for_card=1
persist.radio.relay_oprt_change=1
persist.radio.dfr_mode_set=1
persist.fuse_sdcard=false
persist.esdfs_sdcard=true
ro.crypto.fuse_sdcard=true
qcom.bt.le_dev_pwr_class=1
ro.bluetooth.hfp.ver=1.6
ro.qualcomm.bt.hci_transport=smd
persist.mot.gps.smart_battery=1
ro.frp.pst=/dev/block/platform/soc.0/by-name/frp
media.stagefright.use-awesome=false
persist.sys.media.use-awesome=false
ro.adb.secure=1
ro.sf.lcd_density=240
persist.audio.calfile0=/etc/acdbdata/Bluetooth_cal.acdb
persist.audio.calfile1=/etc/acdbdata/General_cal.acdb
persist.audio.calfile2=/etc/acdbdata/Global_cal.acdb
persist.audio.calfile3=/etc/acdbdata/Handset_cal.acdb
persist.audio.calfile4=/etc/acdbdata/Hdmi_cal.acdb
persist.audio.calfile5=/etc/acdbdata/Headset_cal.acdb
persist.audio.calfile6=/etc/acdbdata/Speaker_cal.acdb
persist.radio.apn_delay=5000
keyguard.no_require_sim=true
drm.service.enabled=true
mdc_initial_max_retry=10
ro.com.google.clientidbase=android-motorola
ro.com.google.clientidbase.ms=android-motorola
ro.com.google.clientidbase.am=android-motorola
ro.com.google.clientidbase.gmm=android-motorola
ro.com.google.clientidbase.yt=android-motorola
ro.url.legal=http://www.google.com/intl/%s/mobile/android/basic/phone-legal.html
ro.url.legal.android_privacy=http://www.google.com/intl/%s/mobile/android/basic/privacy.html
ro.setupwizard.mode=OPTIONAL
ro.com.google.gmsversion=5.0_r1
ro.carrier=unknown
ro.partial.display=false
persist.radio.mot_ecc_custid=emea
persist.radio.mot_ecc_enabled=1
persist.sys.dalvik.vm.lib.2=libart.so
dalvik.vm.isa.arm.features=default
net.bt.name=Android
dalvik.vm.stack-trace-file=/data/anr/traces.txt
persist.gps.qc_nlp_in_use=0
ro.gps.agps_provider=1
ro.pip.gated=0
Pocket
LINEで送る

Sponsored links

2 thoughts on “Moto E 2nd Gen LTE XT1524 が届いた

  1. はじめまして。僕も、Amazon DE から購入しました。
    購入にあたり、このブログを参考にさせていただきましたが、良い端末だと思います。
    Nexus5と2台持ちですが、格安SIMで使いたいと思います。

    • コメント有り難うございます。
      同感です。残念ながら、山間部などをカバーする電波 Fプラスエリアには対応していませんが、Docomo LTE 電波が普通に飛んでいる地域にお住まいであれば問題ないはずです。格安SIMでご使用されるとのことですので、同デバイスとの組み合わせで素晴らしいコストパフォーマンスが得られますね。XT1524は、私が考える、今年の「ベストバイ」候補の一つです。

Leave a Comment