Sponsored links

Amazon Fire Phone Update 4.6.3(463001620)

Fire Phone(unlocked US版)に fire os のアップデートがきた ファームウェア 4.6.3(463001620)。全く Fire OS を使用する目的がないので、Update の詳細は確認しておりません、”おそらくstagefright の修正”ではないかという情報があるようです。さらには、kingroot では根付かないようになっています。前ファームウェア 4.6.3(463001420)では Kingroot で根付いたのですが、4.6.3(463001620)では同Kingroot で根付きません。

最新のFirmware は、Kingroot での”Root”不可

Fire Phone Fire OS ”Root”を取得したいのであれば、4.6.1 や 4.6.3(463001420) に戻す必要がある。※あくまでも私がしている方法ですので、その他の方法があるかもしれません。

ダウングレード手順

“update-kindle-juniper-35.4.6.1_user_461013820.bin” というファイル(unlocked US)をどこからかダウンロードしておく。以下手順で Downgrade できる。※こちらも私が知りうる情報で、下記以外でも方法法はあると思われます。動作確認 Windows 7 32bit

  1. android-SDK 導入→Amazon Fire Phone ADB driver インストール済み方法はこちらのADB ドライバーインストール以下を実行
  2. Fire Phone(Developer Opstions を”on” にして、”USB Debugging” にチェックを入れておく) と PC をUSB接続する※PCとのUSB接続は作業完了まで継続です。
  3. 以下コマンドをし、Fire Phone のRecovery Mode に入る
    adb reboot recovery 
  4. recovery mode に入ると、ボリュームダウンボタンで”adb side load” にカーソルを合わせて電源ボタンを押下
  5. 念のためWindows 側でAdb device として認識されているか確認。adbデバイスとして認識されていなければ適宜変更する。
  6. update-kindle-juniper-35.4.6.1_user_461013820.bin をダウンロードしたフォルダを開き、シフトを押しながら右クリック
  7. “コマンドウインドウをここで開く”を選択するとコマンド窓が開くので以下コマンド
    adb sideload update-kindle-juniper-35.4.6.1_user_461013820.bin
  8. ダウングレード完了まで時間がかかるが、兎に角待つ。完了したら、Fire phone 側に完了した旨の表示が出るので”reboot”で完了

上記手順は、4.6.1 へのダウングレード方法になるが、4.6.3(463001420)へダウングレードしたければ、同ファイルをどこからか入手し上記手順でOK

私の使用方法では、Fire OS よりも CM11 が便利

日本国内で使用しているだけあって、特に”Fire OS” を利用することにメリットを感じない。以前から言及していることですが、Android device にさわり慣れているせいか Fire OS のUI に慣れない。またFire OS での一つの売りである”instant Video”がみれない。”instant Video”とは簡単に言うと、 Amazon.com のサービスである、映画等の動画を、プライム会員であれば無料で視聴できるというもの。日本から”instant Video”アプリから動画を視聴しようとすると”あなたのロケーションではこのサービスは提供できない”という文言が表示され、視聴することができない。(ip 偽装すれば視聴可能ですが、、)

また、Fire OS だと 妙にデバイスが熱を発するようになるわで、普通に CM11 でしようすると、気になる発熱も感じない上に、電池持ちも幾分かよくなる。日本国内での使用であれば、Android デバイスとして使用したほうがメリットは大きいように思う。

CM 11 の導入方法は”Fire Phone Custom ROM CM11 が来た”へどうぞ

Pocket
LINEで送る

Sponsored links

6 thoughts on “Amazon Fire Phone Update 4.6.3(463001620)

  1. Fire OS 4.6.6(46000820)からダウングレードしたく悪戦苦闘中です。
    adb reboot recoveryまで問題なく、recovery mode に入り電源ボタンを押下後、『コマンドが指定されていません』となり、Windows 側でAdb device として認識されなくなり、その先に進めません。何か対応策をご教授頂けませんでしょうか?

    • 実は私もその症状に悩まされましたが、recovery mode で、PC接続し、PC側で認識されているのであれば、再度ADBドライバをインストールしてあげれば、ADB接続できるはずです。

  2. ありがとうございます。その recovery mode で adb side loadにカーソルを合わせて電源ボタンを押下すると直後から全く認識されなくなるのです。
    その状態からADBドライバを再インストールしても無反応でした。何か突破口は無いでしょうか?
    度々すみません。

    • 返信遅れました、すみません誤案内をしておりました。ADB sideload の画面の状態でPC接続して、ADBドライバーのインストールでした。PC側で認識されているはずなので、デバイスマネージャーで認識されているデバイスを確認し、その認識されているデバイスにドライバーを当ててみてはいかがでしょう?

  3. ご教授頂きましたことをヒントにチャレンジしましたところ、無事ダウングレード成功しました。
    これからCM11導入まで頑張ってみたいと思います。ありがとうございました!!

    • わかりにくい説明で申し訳ないです。何はともあれ、無事ダウングレードできたようで安心しました。ではではCM11がんばってくださーい

Leave a Comment