Sponsored links

Moto G 2nd LTE XT1072 Android 6.0 Marshmallow を根付かせる

XT1072_rooted_marshmallow1

前回 Marshmallowへの手動アップデートをした Moto G 2nd LTE XT1072 ですが、色々と試してみたい事があるので、まずは根付き化を行ってみた。端末の根付き化については、自己責任でお願いします。

Source:XDA

導入するには、カスタムカーネルとカスタムリカバリが必要

当然、デバイスを根付かせるためには、Bootloader Unlocked なデバイスであること(Unlock方法はこちらを参照)。また以下必要なファイル群をXDAからとTWRPオフィシャルサイトから、回収してくる

Chainfire氏によると、Marshmallow を根付かせる場合は、sepolicyに修正を加え、dmverityやforceencryptを適宜無効化したBootイメージをビルドし端末に導入する必要があると述べている。source:XDA

titan-24.11.10-BR-boot.imgをバラしてみる

詳細な部分までは確認しいてませんが、今回導入するカーネルである「titan-24.11.10-BR-boot.img」と「stock XT1072 boot.img」 を Ramdisk と kernel とに unpack し、unpack したファイル群の stock XT1072 boot.img と titan-24.11.10-BR-boot.img の差分確認してみると、sepolicyのファイルの容量が変わっていた。恐らく「titan-24.11.10-BR-boot.img」は sepolicy に手を加えビルドしたカーネルとなっている模様。

sepolicyはこのあたりの部分を修正したものと思われますが詳細は不明。source:github.com

「titan=Moto G 2014 XT1068等の3G版」ですが、「thea=Moto G 2014 LTE XT1072」でも利用できるようです。

導入方法

TWRP Custom recovery をフラッシュしTWRPでバックアップをとり、Custom Kernel を Flash 後、TWRPからSuperSU.zipをインストールする手順

TWRP Custom recoveryをFlashしバックアップをとる

後の手順で、カスタムカーネルをフラッシュし、TWRPからsuperSUをインストールすることになるが、Bootイメージをフラッシュした後とsuperSUをインストールした後に、極まれに softbrick する場合がある。そういったときの対処法として、事前にTWRPで「Bootイメージ」と「systen」のバックアップをとっていれば、TWRPからRestoreすることでバックアップを取った時の状態に戻すことが可能。 softbrick を簡単に回避できます。

そうならないためにも、まずはTWRP カスタムリカバリを導入する必要がある。

  1. 端末の電源を切って、電源ボタン+ボリュームダウンボタン同時押しをして、「Fastboot Flash mode」にする
  2. XT1072_rooted_marshmallow_fastboot_mode
  3. USBケーブルでデバイスをPCと接続し、ダウンロードしてきたtwrp-2.8.7.0-thea.imgがあるフォルダで、コマンド窓を開いて以下コマンド
  4. fastboot flash recovery twrp-2.8.7.0-thea.img
  5. Flash が完了したら、ボリュームダウンボタンで「recovery」にカーソルを合わせて、ボリュームアップボタンでTWRPが起動させる
  6. XT1072_rooted_marshmallow_fastboot_mode_recovery1 XT1072_rooted_marshmallow_fastboot_mode_twrp
  7. 「BackUp」タップして、バックアップしたいPartitionを選択(デフォルトでsystemとbootが選択されています)
  8. Strage:Sdcardを選択し「Swipe to Back Up」をして完了(内部ストレージは容量が少ないので、バックアップ先は、SDカードが良いでしょう)
  9. バックアップが完了したら、「reboot」→「Bootloader」をタップ
Custom Boot.imgをフラッシュする

Rooted にするために手を加えられたBoot.img、「titan-24.11.10-BR-boot.img」をフラッシュします。

  1. USBケーブルでデバイスをPCと接続し「titan-24.11.10-BR-boot.img」を保存しているフォルダで、コマンド窓を開き以下をコマンドする。
  2. fastboot flash boot titan-24.11.10-BR-boot.img
  3. device が起動するかどうか試してみて起動するようであれば、再度「Fastboot flash mode」にする。
BETA-SuperSU-v2.51.zipをTWRPからインストールする

最終段階にきました、最後にTWRPから「BETA-SuperSU-v2.51.zip」をインストールして再起動しブートループなどしなければめでたしです。

TWRPを起動させて、USBケーブルでPCと接続して、BETA-SuperSU-v2.51.zipをSdcardに保存する。

  1. TWRP 起動「install」
  2. XT1072_rooted_marshmallow_twrp_install
  3. SDcard に保存された「BETA-SuperSU-v2.51.zip」をタップ
  4. XT1072_rooted_marshmallow_twrp_install1
  5. Swipeするとインストールが実行される
  6. XT1072_rooted_marshmallow_twrp_install2
  7. インストールが完了したら、「reboot」⇒「system reboot」タップ
  8. XT1072_rooted_marshmallow_twrp_install3
  9. 根付き完了
  10. XT1072_rooted_marshmallow2

文鎮にならない程度でsystem改変などに着手ください。楽しい根付きライフをご堪能ください。

以前、moto G 2013を所有してましたが、4.4.4から4.4.2にダウグレードし、OTA経由でアップデートをすると、ブートローダーが壊れてしまいました。以後再起不能となったことがありましたので、ダウングレードされる際は、注意が必要です。system内部を変更したからではありませんが、端末に手を加える際は注意深く作業することをお勧めします

Pocket
LINEで送る

Sponsored links

Leave a Comment