Sponsored links

moto E 2016 と思われる端末「XT1700 XT1706」がGFXBenchベンチマークに出現

Moto_e_2nd_UK

moto E 2016 と思われる端末「XT1700 XT1706」がGFXBenchベンチマークで発見された。スペックと型番から、Moto デバイスでエントリーモデルと推測され、恐らく Moto E 2016 と予想されています。。

現在判明している端末スペックは以下となる。

XT1700 XT1706
OS Android 6.0 Marshmallow
Memory(RAM) 1.9 GB
Storage(ROM) 12 GB
Chipset MediaTek MT6735P
CPU 1.0GHz 64-bit Quad-Core
GPU ARM Mali-T720
DisplaySize 5.0″ 720×1280
Wi-Fi802.11b/g/n 802.11 b/g/n
Front Camera 5 MP
Back 8 MP
基本的なスペックはXT1700とXT1706で共通で、対応周波数などが異なると思われる。

Moto デバイスでは4年ぶりとなる MediaTek チップセットを採用

今まで発売されてきた Moto E シリーズのチップセットは、クアルコムチップセットを採用していたが、今回からMediaTekを採用されることになる。

Lenovo社が展開する「VIBE」シリーズスマートフォンの最下位モデル、「Vibe P1m」でも 同型番のMediaTek チップセットが採用されていることから、今回の「XT」の名称がつく恐らくMotoデバイスの仕様は、Lenovo社の方針が強く影響したものと思われます。

source:Lenovo.com

Moto デバイスとしてMediaTek チップセットの採用は、2012年に発表された「XT390」以来4年ぶりとなる。

CPUクロック周波数「quad core CPU @988MHz」

Moto E 2015 では、「sanpdragon 410 1.2GHz」となっており、今回の「XT1700 XT1706」がMoto E 2016 ということであれば、ディスプレイは4.6→5インチと大きくなったものの、CPU性能を比べるとスペックダウン?

「XT1700 XT1706」=「Moto E 2016」で確定だろうという気はします。個人的な意見ですが、「Moto E 2016」に期待していたスペックより下回り他変残念に思う。今後メーカーより機種名や詳細スペック等が発表されることになるが、特に驚きなく「Lenovo Vibe P1m」と同様に大容量バッテリーのエントリーモデルになりそうな予感。Lenovo へ買収されてからはじめての「Moto E」となるが、前モデルの「Moto E 2015」の仕上がりがよかっただけに、、、ん~、、、というところです。

期待しないでメーカー発表を待ってみましょう。

Pocket
LINEで送る

Sponsored links

Leave a Comment