Sponsored links

Moto G5 Plus を イタリア Amazon から輸入してみた

先日イタリアAmazonで注文をした、「Moto G5 Plus」が早速届いた。発送手配されたのが、4/17 で 4/21 に届いた。てっきりイタリアからの発送かと思っていたのですが、送り状を見てみると、UK Amazon 倉庫からの発送でした。UKから日本となると、距離にして「9,316km」です。長い旅路お疲れ様でした。因みに地球一周:赤道の距離は、40,075kmとなります。

Benvenuti in Giappone!

価格は€255で、日本円にして約30000円 。購入方法は、「Moto G5 plus を安く買う方法!」を参照ください

届いたのは国内版と同じ型番の「XT1685」Dual SIM タイプ

早速段ボール箱を開けてみて、化粧箱に記載ある型番と対応するネットワーク周波数帯域を確認

Model
XT1685 retail IT 32GB DS
LTE
B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
UMTS
B1/2/5/8/19
GSM
850/900/1800/1900

XT1684 XT1685 のどちらが届くのか気になっていたのですが、国内版 Moto G5 Plus 「XT1685」と同じ型番の「Moto G5 Plus Dual SIM タイプ」が届いた。まずは一安心。

国内版 XT1685 と全く変わりない対応ネットワーク周波数!Grazie!

以下の写真を見てもらうと分かりますが、国内版XT1685と全く変わりない対応ネットワーク周波数となっており、ドコモSIM/ドコモ系MVNOで十二分に通信できる LTE Band 19 と FOMA プラスエリアに対応しています。Grazie!

  • 今回輸入した XT1685
  • 国内版XT1685

化粧箱

日本語表記がないだけで、化粧箱は国内版の「Moto G5 Plus」と同じパッケージになる。

開封

お馴染みの、スペックなどが記載されたディスプレイ保護シートが貼られている。いつもと変わらないので安心します。

付属品は国内版と違う(イヤホンマイクなし)

当然、イタリアモデルなので充電器の差し込み部分が、国内版と違います。国内でこの充電器を使用する場合は、日本の差込口の形状に変更するアダプタが必要となります。また国内版では、イヤホンマイクが付属で付いていますが。イタリア版、は付属していません。

簡単レビュー

日本のSIMでも問題なく利用できることが確認とれたところで、簡単レビューです。

背面

背面の「M」のマークは「Lenovo」傘下となった今もなお健在です。高性能だと噂の背面カメラ。

背面カメラ
12 MP ƒ/1.7 aperture
Autofocus Pixels

レンズの明るさの数値を示す 「F値」が 世に販売されているスマホのなかでも、トップクラスの 「F 1.7」のレンズを搭載し高速シャッターを実現。且つ、デュアルピクセル・オートフォーカスで高速なフォーカシングが可能。高性能なカメラ機能です。

側面

電源ボタンと、ボリュームアップダウンボタンです。電源ボタンには、押下しやすいように少しギザギザの加工が施されている。

カメラユニット部分がボディーから突起しているためケース利用必須

側面からデバイスを見ると、カメラ部分だけが突起しているのが気になります。ケース装着せず、利用すると間違いなくカメラユニット部分にダメージを与えることになります。ケースは必須です。因みにお勧めのケースはやはりこちらの「UAG」ケースです。2017/04/23現在ではまだ販売を開始していません。

カメラユニットとLEDライト

LEDライトは暖色系と寒色系の二つの色を組み合わせた色になる。

SIM/SDcard スロット

SIM/SDcard スロットは本体上部に配置されている。

フロントカメラ

5 メガピクセル f/2.2

本体底部

本体のそこの部分にUSBポート、USBタイプCではありません。併せて、イヤホンジャックが本体底部に備え付けられている。底部にイヤホンジャックが据え付けられている「Moto」デバイスは、今まで私が使用してきた「Moto」デバイスで始めてです。

付属の充電機は Quick Charge 2.0 に対応

急速充電機能であるターボチャージに対応している。規格は「Quick Charge 2.0」に対応した充電機になります。

FingerPrintセンサー

指紋認証センサーモジュール。画面下部にある、指紋認証モジュールは、デフォルトでは、指紋認証機能だけで動作します。 設定を変更することで、ホームキーとしても動作するようになります。指紋認証モジュールなので、押下不可となります、押し込むことはできません。

ソフトウェア

プリインストールアプリの数が他社デバイスに比べ圧倒的に少ない。端末ROM容量を有意義に使えると言うことです。

Android OS 7.0

Android バージョン
7.0
ベースバンドバージョン
M8953_02.03.07.06R POTTER_EMEADSDS_CUST
ビルド番号
NPN25.137-33

技適マークあり

海外から輸入した端末は基本的に、日本の技術基準適合証明を取得していない場合がほとんどですが、この端末については、「技術基準適合証明」を取得している端末でした。

systemファイルは国内版とイタリア版とで相違なし

Build.porp 含め、systemファイル内部を、国内版、イタリア版で確認するも、相違しているファイルはありませんでした。

ソフトウェアチャネルに関しては、国内版が「retapac」にたいして「reteu」となる。

国内版と同じモデルが安く入手できる!

国内「Moto G5 Plus 約38000円」と同等機種で、且つ、技術基準適合証明が取得ずみの「海外版 Moto G5 Plus」が安い価格で、購入できます。

AmazonIT:Lenovo Moto G5 Plus, Dual SIM, 32 GB [Italia]

価格は€255で、日本円にして約30000円程度です。兎に角安く購入したいという方にお勧めです。
Pocket
LINEで送る

Sponsored links

Leave a Comment