Sponsored links

Motorola Moto X4 が 海外の Amazon でオーダー開始

先日Motorolaより発表された「Moto X4」が、早速海外の Amazon でオーダーを開始した。価格は€399で日本円にして約53,000円となっております。納期については、同サイトの表記によると「通常、1〜2ヶ月以内に発送されます」と記載があります。

Moto X4 は「32GB ROM/ 3GB or 4GB RAM」モデル と「64GB ROM/ 4GB RAM」モデルとが存在

同モデルには、ROM容量64GB(RAM 4GB)モデルと、ROM容量32GB(RAM 3GB or 4GB)モデルが存在します。各国や地域によって販売されるモデルが変わってくる。私が調べる限りでは、今のところイタリアモデルのみが「ROM容量64GB(RAM 4GB)モデル」となっているようです。

スポンサーリンク

オーダー可能なのは「32GB ROM/ 3GB RAM」モデルのblack

今回オーダー可能になったのは、32GB ROMモデル 3GB RAMタイプになります。「black」と「Sterling Blue」の二色展開だが、「black 」だけがオーダーできるようです。

納期と価格

オーダーを進めていくと最短で「10月11日~11月9日」の間が納期になるとの記載があります。また今のところ日本国内への発送も受けてくれるようで、送料込みで €369.95 日本円にして約4万9000円となります。

Source:Amazon DE

特徴

過去のMotoシリーズ フラッグシップモデル「X」だったが、、今では

残念ながら、過去のフラッグシップモデルである「Moto X」は、フラッグシップの座を「Moto Z」を譲ってしまったため、ミッドスペックのスマホとなってしまった。個人的にですが、もう少しスペックを上げてほしかった。とりあえず簡単なスペックを以下に記載します。

スポンサーリンク

SnapDragon 630

ZenFone4でも採用されている、ミッドレンジスマホ向け「Qualcomm® Snapdragon™ 630」を採用

流行のデュアルカメラで被写界震度が変更できる

デュアルカメラは最近の流行ですね。また被写界深度を変更できる機能(アプリで修正)が付いてるので、背景をぼかすことで、被写体を引き立てることができます。

防塵防水機能 IP68を取得

Motorola端末の中では、珍しいですね。防水機能が付きました。IP規格において、「固形物体に対する保護」の6段階評価の最上位「完全な防塵構造 」評価、また「水の侵入に対する保護」についても、8段階評価の最上位「水面下での使用が可能」と評価される、IP68認定を受けている。

水中での操作には対応しておりません。

ディスプレイはIPSパネル

ディスプレイについては、Corning® Gorilla® Glassを採用している。IPSパネル且つ、LTPS(低温ポリシリコン)液晶です。ディスプレイは、低電力で野外での視認性に強い AMOLED を使用してほしかった。

スペック

Moto X4
OS Android™ 7.1, Nougat
Memory(RAM) 3 GB or 4 GB
Storage(ROM) 32GB or 64GB
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630 processor with 2.2 GHz Octa-core CPU
GPU Adreno 508 GPU 650 MHz
DisplaySize 5.2 inches Gorilla Glass 5
DISPLAY Type 5.2” FHD (1080×1920) 424 PPI LTPS IPS
Wi-Fi802.11b/g/n Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac, 2.4GHz + 5GHz
Bluetooth Bluetooth® 5.0 BR/EDR + BLE
SDcard slot ○: Supports up to 2 TB microSD card
Front Camera 8MP ultra-wide angle with 120°(f2.2, 1.12um)
Back 12M+12M Dual Rear Camera f2.0, 1.4um Phase Detection AutoFocus (PDAF)
3G Band 850, 900, 1700, 1900, 2100 MHz
4G Band Germany(B1/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41) US(1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/26/28/66 TDD LTE band 38/41)
NFC
Battery 3000mAh
Size 148.35 x 73.4 x 7.99 mm (9.45 mm at camera bump)
Weight 163 g
SIM Card Dual-SIM
GPS/Location GPS, AGPS, Glonass
ジャイロスコープ
重力センサー
地磁気計
加速度計
指紋リーダー

イタリア版とドイツ版はデュアルSIMタイプ

イタリア版とドイツ版はデュアルSIMタイプとなっています。

LTE周波数帯域

販売される国ごとに対応する周波数帯域が異なる。

US版
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/26/28/66 TDD LTE band 38/41
EU(ドイツ、イタリア等)
1/3/4/5/7/8/20/28/38/40/41

ドコモ LTEband19 と AU のBand18 には非対応です。ソフトバンクプラチナバンド(LTEバンド8)には対応している模様

国内販売される?

「Moto G4 plus」「Moto G5 plus」「Moto Z2 Play」など、今までのMotorolaの傾向から、海外版のデバイスでバンド19に対応しているデバイスは、国内でも販売されるケースがほとんどであった。しかしながら、今回は海外版であってもバンド19に対応していない。日本の周波数帯域にあわせた端末を開発するコストを考えると、はたして国内版「Moto X4」は販売されるのか疑問がわく。

spec source:Motorola.com

Pocket
LINEで送る

Sponsored links

Leave a Comment