Sponsored links

Moto Z XT1650 に 「Moto app Launcher」をインストールしてみた

Motorola 2016年モデルは、Google 社製アプリ Google Now ランチャーがデフォルトホームアプリとしてインストールされている。それに対して2017年モデルのデバイスからはMotorola(Lenovo)社製「Moto app launcher」と言うホームランチャーがデフォルトアプリとなっている。理由としてはGoogle が2017年初頭に「Google Now ランチャー」の提供を終了させたためになります。Android 開発者サイト XDA を徘徊していると、2017年モデル Moto Z2 Play から抜き取った「Moto app Launcher」を「2016年モデル Moto Z」に「root権限不要」でインストールすることが可能だというスレッドを見つけたので、早速導入してみました。

Sponsored links

2016年モデル Google Now ランチャー

「2016年モデル Moto Z」にデフォルトでインストールされている「Google Now ランチャー」です。

Moto app Launcher

Now launcher に比べて、アイコンサイズが少し小さい、画面下部から上にスワイプすると、すべてのアプリが表示されます。すべてのアプリを表示させたときに背景が透過されています。「Google Now ランチャー」にあった、全アプリを表示させるためのボタンはなくなっています。

weather ウィジェット

weather ウィジェットもバッテリー残量が表示されるアプリもアップされているので、そちらもタイプも併せてインストールします。

変更前

変更後

バッテリー残量が表示されます。円線が白い太線になっている部分が、バッテリー残量となります。

Sponsored links

「OK google」音声コマンドも使用できる

Google アシスタントも問題なく使用できるため、「Google Now ランチャー」同様に「OK Google」音声コマンドが利用できる。また、ホームボタン長押しでの、Google アシスタントも使用できる。

ホーム画面を右にスワイプすると、「Google Now ランチャー」同様に、アカウントに紐付けられた興味、関心のある記事等を「マイフィード」に表示してくれます。

今まで使用していた「Google Now ランチャー」と見た目が変わるだけで、操作方法は殆んど変わらないので安心して利用できる。

インストール方法

以下サイトにアクセスしてアプリファイルである apkファイルをダウンロードし、Moto Z にインストールするだけです。

XDA: [SHARE][APP][Stock] Moto Z2 Play Launcher and Weather Widget

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

Sponsored links

Leave a Comment