Sponsored links

LeEco Le Pro3 Elite [ LEX722 ] に LineageOS15.1「Android 8.1.0」導入

先日、LeEco Le Pro3 Elite [ LEX722 ] をBootloader Unlock したので早速カスタムROM、「Official LineageOS15.1(Android 8.1.0)」を導入してみた。

導入手順

大まかな作業手順は、カスタムリカバリー「TWRP」を導入して、同カスタムリカバリー「TWRP」からカスタムROMをインストールし、「Opnegapps(Google製アプリ群)」を「TWRP」からインストールする順番です。

Bootloader Unlock が完了していれば、PC環境と必要ファイルでカスタムROMの導入は非常に簡単導入できます。

Sponsored links

PC環境と必要ファイル

作業に必要なPC環境とデバイス環境ならびに、必要ファイル群リストです。

  • PC環境:Android SDK が導入された windows PC
  • デバイス環境:Bootloader Unlock 済みであること(Bootloader unlock 方法はこちら)
  • 必要ファイル:カスタムリカバリーtwrp-3.2.1-1-zl0.img
  • 必要ファイル:Lineage OS (ROM):最新のものでOK。2018/06/16現在であれば、lineage-15.1-20180612-nightly-zl1-signed.zip です
  • 必要ファイル:open GappsOS:8.1かつストックをチョイスしダウンロードすると良いでしょう。
  • USBケーブル(タイプC)

Let’s 作業

準備ができたら作業を行います。所要時間は、スムーズに進んで約20分程度ではないでしょうか。慣れた方であれば、10分もかからないと思います。

Lineage OS (ROM)とopen Gappsは内部ストレージに保存しておく

後々ROMのインストールとGoogle Appsをインストールする際に必要なファイル:Lineage OS (ROM):lineage-15.1-20180612-nightly-zl1-signed.zip と「open Gapps」はLEX722の内部ストレージにあらかじめ保存しておきます。

カスタムリカバリー「TWRP」を導入する

必要ファイル:カスタムリカバリーtwrp-3.2.1-1-zl0.imgをPCにダウンロードしたディレクトリで「Shift+右クリック」をして、「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックしてコマンドウィンドウを立ち上げます。

  1. 画像のようにコマンドウィンドウが立ち上がります。
  2. リカバリー領域にカスタムリカバリーイメージをフラッシュします。
    fastboot flash recovery twrp-3.2.1-0-zl0.img

  3. boot領域にリカバリーイメージを適用させてデバイスを起動させます。
    fastboot boot twrp-3.2.1-0-zl0.img

  4. 起動したBoot側からrecovery側へリブートします。「reboot」をタップ「Recovery」をタップ。
  5. 「Recovery イメージにフラッシュしたTWRPが起動します。」

TWRPからLinageOSをインストールする

Recovery イメージにフラッシュしたTWRPが起動したら早速、LineageOSをインストールする手順に入ります。

  1. LineageOSをインストールする前に、現在インストールされている「MUI」ROMをデバイスから削除します。「wipe」をタップ
  2. 「Advanced Wipe」をタップ
  3. 下の画像のように、「Dalvik/ART Cache」「System」「Cache」「Data」を選択し「Swipe to Wipe」する。
  4. 「wipe」が完了したら、戻るボタンでホーム画面に戻り、LineageOSをインストールします。「Install」をタップ
  5. Lineage-15.1-2018*********.zipをタップ
  6. 「Swipe to confirm Flash」を実行
  7. スクリプトが動いてデバイスにLineageOSをインストールします。
Sponsored links

Gapps「Google apps」をインストールする

  1. Lineage OS のインストールが完了したら、次は「Gapps=Googleアプリ」をインストールします。インストールする理由は、「Lineage OS」にはGoogleアプリがパッケージングされていないからです。open_gapps-arm64-8.1*****.zipを選択
  2. 「Swipe to confirm Flash」を実行
  3. 実行完了したら戻るボタンでTWRPホームに戻り、「Reboot」をタップ
  4. 「System」をタップし再起動

LineageOS起動!

初期起動時は少し起動完了まで時間を要します。兎に角待ちましょう。待っていると下の画像のように起動します。お楽しみください。

お疲れ様でした。誤った記載などございましたらコメントへ記載いただけると幸いです。

(Visited 167 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Sponsored links

Leave a Comment