Sponsored links

海外格安 5G対応 SIMフリースマホ Moto g 5G Plus を ドコモ SIM ソフトバンク SIMで利用してみた

海外から購入した格安5G対応SIMフリースマートフォン「Moto g 5G Plus」で、国内キャリアが運営する 5G 電波を受信できるか、ドコモSIM(5G)とソフトバンクSIM(5G)で通信検証してみました。UQ Mobile SIM (4G AU系のSIM)での通信検証もしてみました。

結果から申し上げますと、AU系SIMを除き国内2社(ドコモ、ソフトバンク)の5G電波を受信できました。通信速度計測やその他気付いたことを下記に記載しております。ご興味のある方はご一読ください。

Moto g 5G Plus 対応周波数(バンド)

Moto g 5G Plus が対応しているネットワーク周波数帯(バンド)を以下に記載いたします。購入時の外箱に表記されているネットワークスペックを、
記載いたしました、Motorola Webに記載のスペック表記とほぼ同一です。

5G:
n1/n3/n7/n8/n28/n38/n41/n77/n78
LTE:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B20/B26/B28/
B32/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B66
UMTS:
B1/B2/B4/B5/B8
CDMA:
BC0/BC1
GSM:
B2/B3/B5/B8

ざっくりですが、5Gについては「n77」と「n78」とに対応しているので日本のキャリアで使用している5G周波数帯に対応していることがわかります。※日本国内ミリ波 n257(26.50~29.50GHz)には対応していません。

source: wiki 「第5世代移動通信システム 日本の周波数割り当て状況」

Sponsored links

au系 SIM は 通信不可

「Moto g 5G Plus」のスペックでは、au の電波周波数帯である、LTE B1/B3/B26/B28/B42 に対応しています。
AU系のSIM「UQmobile SIM」を挿してみました。一瞬ネットワークに接続できるのですが、即時にアンテナピクトが消えてしまいます。まったく通信できない状態。

au SIM
アンテナピクトが立たないため「通信不可」

ドコモ 5G SIM

「Moto g 5G Plus」は、ドコモ電波周波数帯である下記に対応しています。

  • 5G: n77/n78
  • LTE: B1/B3/B28/B42
  • WCDMA: B1

残念ですが、この「Moto g 5G Plus」は、LTE Band19(800Mhz) に非対応です。

5G SIM 設定、5G + 4G DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にはまだ対応していない

SIMを挿してから設定を実施。

  1. 設定→ネットワークとインターネット→モバイルネットワーク→「ドコモ5G SIM」該当SIMをタップ→詳細設定→優先ネットワークの種類をタップ。
  2. 5G(推奨)をタップして選択します。
  3. 5Gをオンにしますか?SIMカードの1つの5GをONにすると、他のSIMカードを使用して通話やメッセージを受信できなくなります。また、5Gは初期設定データSIMになります。」と注意メッセージが表示されます。「5Gをオンにする」をタップ。
    2020/9/22 現在 Docomo SIMに限らず、SIMを二枚挿していて5Gを有効にした場合は、強制的にもう一方のSIMの設定が「有効」から「無効」に変更されます。つまり5Gではないもう片方のSIMは完全に利用できなくなります。

  4. 問題なく「5G」に接続できました。
Sponsored links

簡易通信速度計測(ドコモ)

使用する速度計測アプリは「Speedtest Master」で、通信テストエリアはドコモHPの「5G通信利用可能施設・スポット一覧」に記載のエリアになります。下記結果につきましては、現状、ドコモ5Gが展開されているのが特定のエリアではなく「スポット」、つまり限定的(小規模)なエリアとなるため、参考程度の数値であることを念頭に置いていただきたい。

アンテナピクトに5Gの表示されてから二回計測しております。

一回目
ダウンロード:90.8 Mbps
アップロード:1.57 Mbps
二回目
ダウンロード:117 Mbps
アップロード:6.63 Mbps

つでに4G 通信の速度も計測してみました。

4G通信時
ダウンロード:230.7 Mbps
アップロード:22.1 Mbps

今回の通信速度テストでは、結果5G通信よりも4G通信のほうが早い速度で通信をしていました。また、1Gbps(1000Mbps)を超える速度も出ませんでした。

山間部での通信テスト:LTE Band 19 には非対応ではあるが、WCDMA Band 6(Foma プラスエリア)に対応?

とりあえず5Gでの通信ができたので、次は電波の届きにくい山間部に赴き通信テストを実施しました。「Moto g 5G Plus」は、山間部や電波の届きにくい場所でドコモが運用している電波「LTE Band 19」に非対応のため、当然ですが山間部の「LTE Band 19」エリアでは4Gの表示は消えました。しかしながら、Fomaプラスエリアで通信テストを実施したところ、「LTE」→「H」に表示が変わり通信できていることを確認いたしました。スペックには記載されていない「WCDMA Band 6(3G)」で通信できているようです。おそらくWCDMA Band 6(3G) を内包しているWCDMA Band 5(3G) に対応しているため通信できたのではないかと思われます。

因みに、第3世代移動通信システム(3G)「FOMA」と「iモード」サービスは2026年3月31日に終了すると発表されています。

以上、ドコモ5G SIM の通信テストでした。

Sponsored links

ソフトバンク 5G SIM

「Moto g 5G Plus」は、ソフトバンクの電波周波数帯である以下周波数帯に対応しています。

  • 5G: n77
  • LTE: B1/B3/B8/B28/B41/B42
  • WCDMA: B1/B8

5Gミリ波(n257)を除くソフトバンクが提供しているすべての電波周波数帯に対応してます。Good!

5G 接続問題なし

ソフトバンクの5GサービスエリアをソフトバンクのHPで確認し現地に赴いてみました。

同エリア内に入ると問題なく5G アンテナピクトが表示されました。

Sponsored links

簡易通信速度計測(ソフトバンク)

ソフトバンク 5G
ダウンロード:44.6 Mbps
アップロード:18.9 Mbps

4G接続された状態の通信速度と変わらない速度のようです。HPに以下注意事項が記載されていましたので、可能性として、4Gに接続されていた可能性があります。

お使いの端末画面上(画面上部)に待ち受け時は「5G」と表示されている場合でも、通信を行う際は表示が「4G」に切り替わり、4G通信が使用される場合があります。

5G のアンテナピクトは表示されて通信できたが、通信速度については、、、でした。

終始安定した速度で使用できた

5G通信速度の結果についてはさておき、「Moto g 5G Plus」は、ソフトバンクが運用するすべての4G/3G周波数帯に対応しているため、都心部・山間部などエリア関係なく終始安定した速度で通信サービスを享受できました。

Moto g 5G Plus を国内キャリアSIMを使用するなら Softbank 5G SIM

「Moto g 5G Plus」を国内キャリアで運用するならば、通信速度は別として、通信品質を落とさず安定した電波が受信できることを最優先で考えると、一部4G電波(LTE Band19)を受信できないドコモSIMよりも、全ての電波周波数帯に対応できているソフトバンクSIMで運用するほうがより安定した速度でサービスを享受できる。

ドコモSIM運用については、WCDMA(3G) Band 6 に対応しているが、山間部や電波の届きにくい場所では通信速度が遅い「3G」での通信となるため、あまりお勧めできない。

5G対応デバイスの必要性?

二つのキャリアの5Gを利用してみましたが、現状各キャリア共に 5G エリアは狭く限定的であるため高い金額を払って5G対応デバイスを購入するメリットはほぼ無いに等しい。そもそも4Gの通信がそこそこ速く快適なわけです。しかしながら、今後、総務省の省令等改正により、4G向けの電波を5Gに転用することが可能となった場合、一気に5Gのサービスエリアが広がると思われます。

現在噂されているPixel 含め、5G対応デバイスが今後各メーカーから発売されることとなるでしょう、それらを物色しつつ各キャリアの5Gサービスエリアの拡大を待つがよさそうです。
私のように画面に「5G」と表示されれば満足する人は別ですが、、、、。

以上。

Moto g 5G plus は 海外amazonから購入できます。
Amazon UK

「Moto g 5G Plus」の4Gと5GのDSDSをサポートについて

記事の中盤に記載しました、「5G + 4G DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にはまだ対応していない」件についてですが、同じSoc ( Qualcomm SD765G )搭載の「motorla Edge」が今後のソフトウェアアップデートにより、4Gと5GのDSDSをサポートする予定との情報をめにしました。おそらく「Moto g 5G Plus」も同様にソフトウェアアップデートで「4G + 5G 」デュアルスタンバイに対応すると思われます。

(Visited 47 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

Sponsored links

Leave a Comment