Sponsored links

moto g30 と moto g9 play の スペック比較してみた!

先日、Motorola(モトローラ)より発表されました、「Moto g30(2021年3月26日発売)」と「Moto g9 play(2020年10月30日発売)」とのスペックを比較してみました。
結果から申し上げますと、ROM容量、カメラ、ディスプレイリフレッシュレートを除く、基本性能において両者はほぼ同等のスペックを持つデバイスであることがわかりました。

相違点

基本性能においてはほぼ同等のスペックではありますが、その中でも「Moto g30」でスペックアップ、スペックダウンされている機能を以下に記載いたします。

スペックアップ

  • ROM(ストレージ): 64GB → 128GB
  • ディスプレイリフレッシュレート : 60Hz → 90Hz
  • サポートされるSDCard容量 : 512GB → 1TB
  • リアカメラ超広角カメラ:なし → あり
  • リアカメラ最高解像度:48 MP → 64 MP
  • フロントカメラ最高解像度:8 MP → 13 MP
  • Water Protection:Water-repellent design → IP52, water repellent design
  • 価格(2021/03/15時点):22,545円27,800円

ROM容量が、128GBに増えています。SIMトレイが排他利用であるため、SIM2枚挿すと「SDcard」が利用できなくなります。128GBの容量があればSDcardを使用せずに済むかもしれません。

ディスプレイリフレッシュレートが、90Hzになりました。画面をスクロールさせた際の文字のにじみが抑えられます。

リアカメラに8MPの超広角カメラが追加されました。

防水性能がIP52へ上がりました。保護性能は以下に記載します。
・人体・固形物体に対する保護:粉塵からの保護。
・水の侵入に対する保護レベル:垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない。

Sponsored links

スペックダウン

スペックダウンと呼べるほどのものではないですが、以下非対応となったため記載しておきます。

  • LTE Band 41 :対応 → 非対応

スペック比較

moto g30 moto g9 play
image
OS Android™ 11 Android™ 10
Memory(RAM) 4 GB 4 GB
Storage(ROM) 128 GB 64 GB
SDcard slot ○: Supports up to 1TB microSD card ○: Supports up to 512GB microSD card
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 662 with 2.0GHz octa-core Kryo™ 260 CPU Qualcomm® Snapdragon™ 662 with 2.0GHz octa-core Kryo™ 260 CPU
GPU Adreno™ 610 Adreno™ 610
DisplaySize 6.5″ Max Vision, 90Hz 6.5″ Max Vision
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac | 2.4GHz | 5GHz Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac | 2.4GHz | 5GHz
Bluetooth Bluetooth® 5.0 Bluetooth® 5.0
NFC Yes Yes
Sensors Fingerprint reader, Proximity sensor, Accelerometer, Ambient Light sensor, Sar sensor, Gyroscope Fingerprint reader, Proximity sensor, Accelerometer, Ambient Light sensor, Sar sensor, Gyroscope
Rear Camera 64 MP sensor | 16 MP output (f/1.7, 1.4um)
8MP (f/2.2, 1.12µm) | 118° ultra-wide angle
2MP (f/2.4, 1.75µm) | Macro
2MP (f/2.4, 1.75µm) | depth
48 MP sensor | 12 MP output (f/1.7, 1.6 µm)
2 MP (f/2.4, 1.75 µm) | Macro
2 MP (f/2.4, 1.75 µm) | depth
Front Camera 13 MP (f/2.2, 1.12um) 8 MP (f/2.2, 1.12 µm)
Speakers Bottom-ported loudspeaker Bottom-ported loudspeaker
3G Band B1/B2/B5/B8 B1/B2/B5/B8/B19
4G Band B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40 B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
Water Protection IP52, water repellent design Water-repellent design
Battery 5000 mAh 5000 mAh
Charging 15 W charging 15 W charging
Size 165.22 x 75.73 x 9.14mm 165.21 x 75.73 x 9.18 mm
Weight 197 g 200 g
SIM Card Hybrid Dual SIM (2 Nano SIMs / 1 Nano SIM + 1 microSD) Hybrid Dual SIM (2 Nano SIMs / 1 Nano SIM + 1 microSD)

可もなく不可もなく

以下個人的な意見になりますので、ご了承ください。今では「5G 対応のスマートフォン」が二万円前半で手に入るようになってきました、「Moto g30」のようなミッドスペックの「4G対応スマートフォン」且つ「Motorola オリジナルイヤバッズ付き」であっても価格が27800円では魅力をあまり感じない。

スペックからして、高負荷な画像処理をするゲームを除くゲームおよび、SNS、メール、Webブラウジングをメインとする人向けのデバイスでしょう。
よくも悪くもない そこそこのデバイスです。

価格次第では、購入も検討してよいかと思います。以上

(Visited 1,474 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

Sponsored links

Leave a Comment