Sponsored links

Snapdragon800 シリーズを搭載した「Moto G」をリリース?

リーカーで有名な「Evan Blass」は、12月4日、Motorola ‘nio’とツイートし、Motorola が、ハイエンドプロセッサ「Snapdragon800 シリーズ」を搭載した「Moto G」をリリースするとリークしました。

Snapdragon888をデビューさせた最近のQualcommTech Summit Digital 2020イベントで、モトローラからの興味深いニュースの1つがありました。

Sergio Buniac社長は、Lenovoの子会社がSnapdragon800シリーズプロセッサを搭載したMotoGブランドの携帯電話をリリースすることを明らかにしました。

XDADevelopersによると問題のSoCはSnapdragon865であり、デバイスの名前は「nio」です。

source: @evleaks

Motorola の「Moto G シリーズ」といえば、2013年11月に初代「Moto G(XT1032)」が発売されて以来ミッドレンジプロセッサを搭載した「低価格スマートフォン」として今も引き続き販売されていますが、今回のリーク情報が正しければ、G シリーズ初の「ハイエンドデバイス」が販売されることになる。

「nio」の予想されるスペックは、ハイエンドプロセッサ「Snapdragon865」に加えて、少なくとも8GBのRAM、256GBのストレージ、5,000mAhのバッテリーに加えて、Android11の実行標準を備えているとも言われています。搭載されるUSB-Cポートは、DisplayPort代替モードのサポートを提供する可能性があるようです。これにより、外部モニターに接続できるようになるといわれています。

今後の動向が気になります。

(Visited 135 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

Sponsored links

Leave a Comment