Sponsored links

Moto カメラ2 が ARステッカー (Playground) に対応!!

スペインから輸入した、Moto G7 Plus の Motoカメラ2を起動したところ「ARステッカー(Playground)」アイコンが表示されていました。購入当初は対応していなかったのですが、おそらく先月末くらいのアプリアップデートで「ARステッカー(Playground)」に対応した模様。

「ARステッカー(Playground)」は、Pixel 3/Pixel 3XL や PixcelシリーズなどのGoogle端末のみをサポートしていたのですが、「Motorolaデバイス」でも利用できるようになった。素晴らしい。

ARステッカーとは

Googleが提供する「拡張現実アプリ」の一つ。2017年8月にGoogleが発表した、拡張現実(AR)を可能とするフレームワーク「ARCore」を使用し、AR デジタルキャラクターがリアルな空間内を動いているアニメーションを合成して写真や動画を撮影できる。このアプリは、PixelシリーズにプリインストールされているGoogle Cameraで利用でき、さまざまな3Dキャラクターをカメラフィードにドロップできます。カメラアプリを通して、ARCore が床やテーブルのような水平面をマッピングし、ARステッカーのキャラクターが、それらマッピングしたもの上で動作しているように見せる。

Sponsored links

ARステッカー対応機種

Motorola デバイスのARステッカーサポート状況は下記7機種となります。2019/3/19日現在の対応状況です

  • moto z3
  • moto z3 play
  • moto z2 force
  • moto g7 plus
  • moto g7
  • moto g7 powe
  • moto g6 plus

上記リストで現在国内販売されているデバイスは「Moto z3 Play」と「moto g6 plus」になります。その他動作しているデバイスがあれば情報いただけると幸いです。

「Star Wars」や「Marvel」などのステッカーは利用不可

デフォルトでいくつかのステッカーパッケージが導入されているため、パッケージをプレイストアからインストールせずともある程度は楽しめます。しかしながら、PixcelなどのGoogle端末限定で利用できる「Star Wars」や「Marvel」などのステッカーパッケージは当然利用不可です。ここは流石に「Google端末」との差別化を図っていますね。その他のステッカーについては、プレイストアーからダウンロードして利用できます。

AR技術の普及

今までは、Pixcel 等の Google端末でのみ利用できていた「ARステッカー」が、Google端末以外の「 Motorolaデバイス 」で利用できるようになったことは、AR技術普及促進にもつながる。今後も、Motorolaデバイスに限らず、ARステッカー (Playground) が利用できるデバイスが増えてくると、AR開発の裾野が広がり、今以上に面白いステッカーやサービスが利用できるようになるかも。

誤記載等ございましたらご連絡いただけると幸いです。

スターウォーズの「ARステッカー」が使えました、以下ドキュメントにいたしました。
Google Pixel 3 以外のスマホで Star Wars AR ステッカー(Playground) を使う方法

(Visited 125 times, 1 visits today)
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

Sponsored links

Leave a Comment